NO IMAGE

水耕栽培の根

半日村の泡無し  日照が午後にしかない西向きのベランダと、ぶくぶくと泡を送ったりしない、放置水耕栽培だと、根の張りも弱いのかも知れません。それでも、 ナス  ナスは大分生長している様子。  根も伸びてきたが、ペットボトルの形状が悪いかも。  あるいはペットボトルよりも、ボックス型の方が良いか。 島オクラ  オ………

記事を読む

NO IMAGE

水前寺菜/金時草/ハンダマ

水前寺菜/金時草  栽培の始まったとされる熊本のあたりでは水前寺菜(すいぜんじな)。石川県金沢では、加賀野菜として金時草(きんじそう)。そして沖縄ではハンダマという、地域ごとの名称を抱く水前寺菜は、観葉植物にもなる野菜として、茎を水にぶち込んでおけば、勝手に成長をはじめる、強靱な野菜として、その独特の風味が嫌いでない人には、ベランダ菜園にもおすすめしたい植物のひとつ。  そ………

記事を読む

NO IMAGE

ナスの初収穫

ナスが取れた  いつの間にやら、初めてのナスが取れました。新しい花も、そして、花が咲いた後には小さな実も。

記事を読む

NO IMAGE

お別れのコルジリネ

観葉植物の切り替えなど コルディリネ(コルジリネ)  コルディリネもハイドロカルチャーを楽しみやすい植物。葉の色彩が楽しくて、しかも日光に当たる度合いに応じて、緑がかったり赤みがかったりもする。一度終わりにしようかと思ったものの、可哀想なのでビールジョッキに、セラミスで植えてみたもの。  ジョッキが深くて、セラミスが水に浮いてしまうので、根部の水洗いをしにくいことから、カ………

記事を読む

NO IMAGE

アイスプラントが食べたいな

アイスプラントを愛す  これまたベランダ栽培の、日照時間のいたらなさか、他に原因があるのか。本当は十分な肥料が必要なのか。9月頃に種を蒔いたアイスプラントだが、天候不順も重なって、いっこうに大きくならず、そのうち寒くなって成長がストップし、かといって春が過ぎても、このようなひょろ細いまま、つぼみがつき始めてしまう。アイスプラントは栽培がやさしいような落書もあるが、はたして本当………

記事を読む

NO IMAGE

梅酢のペペロンチーノ

梅酢のペペロンチーノ  期間限定、[梅酢+赤紫蘇ジュース]を使用した、ペペロンチーノ。ただし、[赤紫蘇ジュース]がなければ、水でも梅酢の味は出ます。色彩の面白さはなくなるけれど。 材料 パスタ 100g (1.4mmから1.6mmくらいのロングパスタがおすすめ) 茹でるための塩 お湯の1% ニンニク 5g~10gくらい 唐辛子 一本 イタリアンパセリ あるいは 紫………

記事を読む

NO IMAGE

日本ハッカ

日本ハッカーじゃなくて   シソ科の薄荷(ハッカ)の事です。  ペパーミントの倍近いメントールを持つとされるハッカは、一時北海道での生産が隆盛を極めたが、現在は大きく衰微したとか。ただこれを室内照明の、観葉植物化出来ないかと思い立ったので、ペットボトルの下に穴を開けて、水が抜けるようにして、定期的に上から水をぶっかけるといういつもの方法で、ハイドロカルチャーにしてみ………

記事を読む

NO IMAGE

カセットテープ

カセットテープ音源  いにしへのカセットテープなどの音源をパソコンに取り込めば、音質の劣化したものと、なかなかに保たれたもの有り。録音と保存に注意を払っていたなら、なかなかに耐久年月のあるものかとの感想を抱きつつ、カセットデッキと共に破棄する。

記事を読む

NO IMAGE

ベランダ近況-6月18日

夏に向けたベランダ状況 ミニトマト  最初から実の付いている、育ち気味の苗を購入したミニトマトは、大分成長して、一部の実が赤くなってきた。思った以上に育てるのにスペースが必要そう。日照時間を多少でも確保できる空間が、西向きのベランダのうえ、さらに場所が限られていて、大地での日陰栽培と、どっちが光量が確保できているのか、危ぶまれるところである。 ナス ………

記事を読む

NO IMAGE

トグサ(木賊・砥草)

トグサのハイドロカルチャー  夏になると涼しげな姿が心地よいトグサは、シダ科の植物で、ツクシの親戚みたいなものである。そんなトグサは、日当たりの限られた室内でも、すくすくとではないが育てることは可能で、しかも湿気のある土地を好むところから、ハイドロボールを使用した、ハイドロカルチャーとの相性が良い。  そんな訳で、  ペットボトルの下部に一周穴を開け、ハイドロ………

記事を読む

1 3 4 5 6 7 8 9 11