NO IMAGE

ハンダマ、夕べに死す!

私は愚か者でした  これまで元気にしていたものだから、この金時草、明日も元気であろうと信じ切っていたのです。彼がどれほどの寒さに震えていたのか、気づいてやることも出来なかった。  かなりグロテスクだね。  僕のせいだね。  うんそうだね。  彼は雪や………

NO IMAGE

風邪引けば

恋人よりも卵酒 風邪引けば    沖つ白波 たつた山  夜半には黄身を ひとり吸うらむ  年末のうちに、今年のよごれ物を掲載しておこうと思ったのに、ぽかぽか眠くて、頭がぼんやりして、咽は痛くて、そんな気力も湧きません。とりあえず残されレシピなどを。 ピ・カチュー湯 カチュ………

NO IMAGE

ワイングラスは割れないけれど

止めたはずの酒に酔って  久しぶりに、あの人の歌を聴いてみたくなって、ふらふらともたれかかった棚は、置いてあるだけだったので、グラスに飾り石を敷き詰めて、ローズマリーを差しておいただけのインテリアが、床に散乱して、哀しい悲鳴を上げたのだった。