Synology DS215jのバックアップ(覚書)

Synology DS215jのバックアップ(覚書)

NUSB-HDDを取り付けてバックアップする場合

 USB-HDDはウィンドウズ10で、NTFSでフォーマット済みのものを使用。NAS管理画面から、「Hyper Backup」を起動。これは、圧縮、世代管理など高度なバックアップが可能だが、今回は世代管理もせず、HDDをウィンドウズに接続すれば、フォルダとファイルをそのままの状態で使用できるように、バックアップする。

 そのためには、Hyper Backupの項目の一番下の方にある、
    「ローカル データ コピー」
をクリックして、保存先を選択。以下は項目に従って進行する。

・定期的にバックアップするのでなく、一度きり、あるいは手動で行うなら、定期項目のチェックを外しておく。後はNASがやってくれるので、管理画面からログアウトしても、パソコンを落としても構わない。完了するまで放置。