ハダニ優しい50度シャワー?

ベランダ菜園にはハダニが住まう

 何だか分からない。葉の裏を見ても何もいない。じっと瞳を凝らしても見分けが付かない。なのにこんな風に葉がかすれる時には、あなたの目に見えないだけで、沢山のハダニがいらっしゃることは疑い有りません。成長して、はっきり確認できるより前に、葉っぱはかすれてしまうような、やんちゃな奴らでもあります。

ハダニ、アブラムシなどの駆除法

 水に弱いと言うのは、流されやすい奴らの生き方を述べたまでのこと。シャワーで水をぶっかけたくらいでは、減少はしますが死滅はありえません。水没すると死ぬと言いますが、しばらく水没させても生きています。あるいは何の因果か、しばらくするとまた繁盛します。毎日、葉裏に水をスプレーするなどという、ごもっともなベランダ菜園の書籍もありますが、はたして本気で執筆しているのやら、もっともらしいことを述べて、金を巻き上げているだけなのか、到底分かったものではありません。あるいはハダニやアブラムシよりも恐ろしいのは、彼らの商人魂なのかもしれませんが……

 まずシャワーをするにしても、スプレーなどでは話になりません。ベランダ菜園をするならば、おしゃれさんぶった水やり道具などは揃えなくてよいので、ベランダまでどこかの水道から直接ホースでシャワーを引けるようにしましょう。べつに庭用の水やりホースを、室内に通してやるくらいで大丈夫です。そしてホースの先に、きっぱりと持続的に、硬派な水量でシャワーを流せるようにして、それで水やりと、ハダニやアブラムシの洗い流しを、定期的に行なうのが、きわめて効果的です。これが第一段階。

 ただし、水流に増さっても、水では奴らも我慢して、へばりついている確率が高いのも事実です。そこで第二段階。彼らを劇的に減少させるには、野菜を美味しくするという、例の50度洗いを、生きた植物にしてやることです。つまりは、給湯器や、バスのシャワーから直接ベランダまでホースを通すか、あるいは逆にベランダの鉢を、バスに持ち込むかして、50度の温水を、特に葉裏を重点的に洗い流すようにあててやるのです。今すぐにです。

 これにより、ハダニやアブラムシが小さすぎて、熱に遣られるのだか、それとも単に熱に驚いて、葉っぱから手を離してしまうのかは知れませんが、じゃんじゃん葉から流れだされてしまいますので、そのままシャワーでどこかへ押し流して、つまりは植物から洗い流して差し上げればよいというのが、もっとも効率的な、ハダニ、アブラムシ、コナジラミなどの減少方法になります。

 ただし、これでも死滅は困難ですから、特に奴らのピーク中は、定期的に50度のシャワーをぶっかけて、彼らの個数を、一定数以下に保つ。つまりは、死滅ではなく、減少を持って、ベランダ菜園を全うするというのが、唐辛子スプレーやら、牛乳やら、ニンニクなどと言う、利いているのか、利いていないのか、父ちゃん情けなくって、なみだを流すような民間療法に、遥かに増さる、現実的な解決策かと思われます。

 これを野菜プラントに応用した、菜園システムが、
   土栽培との融合を果たしたとき、
     我が家の実家の野菜作りに革命をもたらす……
   ……のは、果たしていつの日になることか。

 ただし、この遣り方は、経験的に、野菜の生育に問題はありませんでしたが、あくまでもわたしの経験に過ぎず、植物側に何の影響もないかどうかは、科学的にはさっぱり分かりませんのであしからず。

  結論。
 とにかく、こんな葉っぱは虫のしわざなので、早急に対策をしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA